TopRSS管理
針供養してきました
折れてしまった針たち、どうしてます?
ワタシは缶に貯めてるのだけど、今年、針供養に行ってきました

針供養1

幸い、ご近所の荏柄天神社(神奈川県鎌倉市)でも催されているのです。
菅原道真を祀る神社で、学問の神様として有名…合格祈願の絵馬がいっぱいだった!

針供養2

洋裁には欠かせない道具の針、「今までありがとう」を込めて、納めます。

この白いのはお豆腐!
地域によって、他にこんにゃくやお餅なんて所もあるそうな

柔らかいものに刺して納めるには意味があって、今までの仕事に対して
「最後は柔らかいところで成仏してください」ってことなんだって

針供養3

2/8 10時半~祈祷(祈祷料三千円、祈祷しなくても針は納められる)
30分ほどの祈祷が終わったら、こうしてお豆腐が出てくる (画像はママンw)

お豆腐に刺すのは、一応お一人様一本!w
左側の缶に、その他の針を収められるようにしてくれてマス

納める針を、懐紙で包んで持ってきてたご婦人、見習うべきって思った!
いつもの缶ごと持って行ったんだけど、来年はお懐紙に包む

bergfeld.jpg

針供養の前に お墓参りもしていて、何だか清々しい気分~♪
荏柄天神サマのそば、ドイツパン屋さん「Bergfeld」隣接のカフェでランチ

大満足のお出掛けで、また明日からミシン、がんばれちゃうわ


        


本日の伴蔵くん。

伴蔵939

ボクはお留守番でした


道具に感謝っていう日本の風習、素敵なことですねっ!
応援ポチっと いつもありがとうございます!!


にほんブログ村

スポンサーサイト
[2016/02/08 17:05] | お出掛け | コメント(0) | page top
<<起毛シャツの着画 | ホーム | 春コートの裁断>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |