TopRSS管理
バックル付きベルトの作り方
ブログに書けない依頼の作業中は、ネタ切れになります
無理に書くことはないけれども、途絶えたら再開できなくなりそうで

バックル1

というわけで、部品だけならいいよねと、こねくり出した話題デス。

長さ調節&取り外し可の持ち手を付けたいんだけど、、しかもヌメ革希望。
既製品ではイメージに合うものがなくて、自分で作ることにしたの

バックル2

まずはバックル側の革の加工。
引っかける針が可動できるように、こんな感じの細長~い穴を開ける

バックル3

すると、こうして針が上下に動くようになるのだ!
両サイドの穴は、金具を止めるためのカシメが通る穴

バックル4

さらにもう1枚皮が通るためには遊びが要るから、あまりキチキチではなく
かつ金具が外れない程度の位置に、カシメをトンカンしたらバックル側は完成

バックル5

反対側のベルトに穴を開ける時、真ん中の穴の長さが丁度いい位にしてる。
使わないであろう穴も、アクセントみたいなもんだと思ってるんだ

作るのは手間っちゃ手間だけど、特に本革は既製品より格段に安上がりデス
今回のは、テープ状のヌメ革 1m(1.2cm)\150、バックル \150 でした


        


本日の伴蔵くん。

伴蔵727

伴蔵はミミちゃんが大好きで、こうしてくっついて歩きたがる(笑)
太さがさ、全然違って、何度見ても可愛くて笑っちゃう


只今、依頼者から納品予定の部品が遅れまくるというハプニング勃発中。。
応援ポチっと いつもありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[2015/03/14 12:57] | バッグ / 布小物 | コメント(0) | page top
<<ジュートで爽やかボーダーバッグ | ホーム | ヘンリーネックのセーター>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |