TopRSS管理
はむ太 1歳のお誕生日会
今日は はむ太くんのお誕生日
1歳 おめでとうっ

はむ110

お誕生日会、体重測定のあとに大好きなイチゴを丸かじり~
こんなにテンション上がってるキラキラした姿、久しぶり


ここから先は、悲しいお話。
動物の生死の話題が苦手な方はCloseしてくださいませ。


        

異変を感じ始めたのは一週間前。

体重を測ると、一週間で5gも増加、腹部の腫れ、尋常じゃないと思った。
やっぱりおかしいと判断して、先週末に近所のお医者さんへ連れてった。

結果は悪く、おなかの腫瘍と診断された。

様子を見ていた一週間、私が近づくと小屋から出てきてガラスをたたく…
でもお散歩に行くのかというと、出る気はないという日が続いた。

毎日 触診してあげていたら、もっと早くお医者さんへ連れて行ってあげられたかも
それが悔やまれて仕方がない。

連れて行ったお医者さんは小動物OKと言っても専門医ではなく
今日、日曜日が休診日だったエキゾチックアニマル専門のお医者さんへ。

幸い、自転車で20分の所に専門医があることを、近所の獣医さんが教えてくれた。
ビビりくんのはむ太を 遠くの病院へ連れて行かないで済んで、ホントよかった。

初めに診てもらったお医者さんに、開腹手術をするか、しないか。
それを考えて気持ちを粗方決めて、専門医に行くといいと言われていた。

私は、あんなに小さなはむ太のお腹を開けるなんて、考えられなかった。

腫瘍を取り除くことができたら、取らないより長生きかもしれない。
でも、怖い思いをさせて、麻酔のリスクを冒して、術後の傷と戦って…

やるかやらないかを決めるのは、どちらにしても飼い主のエゴだと思う。
でも私は、住み慣れたおうちで穏やかに余生を送ってほしいと願う。

その心づもりを持って、今日、専門もお医者さんへ行った。
先生は、手術は暗に勧めない様子…

お腹の中だから、腫瘍が臓器を巻き込んでる可能性が高くて
開けてみたところで、処置できずに閉めることもままあると。

手術はしたくない、内科的治療方法があるのなら、教えてほしいと
私達の希望に、「私もそれが一番いいと思います」と言って、お薬をくれた。

はむ114

お薬は腫瘍の成長を抑えるもので、こんな目薬のようなもの。
これを、1日2回3滴。

お医者さんから帰って、朝の分を早速あげてみると美味しかったらしい。
はむ太を仰向けにつかんで、お口にポタっとたらすと、もっと!と言わんばかり。

はむ太がイヤがるお薬ではつらい…
喜んで飲むはむ太を見て安心して、また涙がでちゃった。

はむ111

今後 起こりうる進行の結果は、腫瘍が臓器を圧迫して排泄の障害や血尿だそうで
それらの変化がわかりやすいように、床材はチップからキッチンペーパーに替えた。

先生のススメで、そのように。
おうちの中はできる限りシンプル、フラットに…寂しくなっちゃったね。

はむ112

お医者さんは、状況からみて、急激に大きくなった腫瘍からして
もしかしたら早いかもしれないと。やんわりだけど、ハッキリ言ってくれた。

今まで食べていたペレットへの食いつきが悪くなっていたから
ごはんも喜んで食べるものに替えた。

美味しそうでしょ、クッキーみたいな主食とエン麦、それと大好きなお野菜。
排泄に障害が出てきて、食べる量が減った時、これなら柔らかくしやすいしね。

はむ113

安心しきっている我が家で、好きなものを食べて、穏やかに過ごしてほしい。
それで、少しでも長く一緒にいられたらいいな。


こんな文章だらけ、初めてかも…
最後までお付き合いくださってありがとうございます!
応援ポチっと お待ちしております┏O))ペコリ


にほんブログ村

スポンサーサイト
[2013/03/18 21:08] | はむ太の日常 | コメント(12) | page top
<<タンガリーのシャツワンピを作る | ホーム | ブラ&ショーツ+キャミソールをラベンダー色で作る>>
コメント
はむ太くん、お誕生日おめでとう!
イチゴを食べている姿、とっても可愛いです^^

手術をするかしないか、どんな治療を受けさせるか、とっても難しい選択ですね。。。
私は、5年前に実家の犬を17才で亡くしたのですが、その時やっぱり治療に関して、とっても悩みました。

もしかしたら他にもっとベターな方法があったのかもしれないと考えたこともありましたが、一生懸命情報収集をして、私達家族の知恵を振り絞ってだして決断、そして家族に見守られて眠る様に天国に行ったことを考えると、彼にとって一番幸せな結果だったと思うようになりました。

はむ太くん、あんりこさんご家族との穏やかで楽しい日が一日も長く続きますように。。。

あんりこさんもご心労のことと思いますが、どうぞお体に気を付けてお過ごしくださいね。
奇跡がおきることを祈ってます。
[2013/03/18 22:49] URL | pyonko #- [ 編集 ] | page top
はむ太君1歳のお誕生日おめでとうございます!
大きないちごもらってよかったねぇ~(^^)
ホントお目目がキラキラです☆

あずきが年末に腎不全を告げられた時を思い出しました。あずきも『普通の子より長くは一緒に入れません』と告げられました。ショックですよね。
我が家も辛い思いをさせての治療はしないと決めました。少しでも長く一緒にいてほしい気持ちと、辛い思いをさせたくない思いと・・・・・そう決めた今これでいいのかと考えてしまいますが・・・

あんりこさんの体重管理のおかげで早くに見つけることが出来たんでしょうね。
だから自分を責めないでくださいね。
はむ太君との大切な時間が、一日でも長く続くよう祈っています。
[2013/03/18 23:23] URL | あずかぁたん #- [ 編集 ] | page top
はむ太くん、イチゴ食べるんだー!
とっても嬉しそう(^0^)

昔飼っていた我が家のハムスター「ぽんた」も顔に腫瘍ができて、最終的には天国へ旅経ちました。
ハムスターは腫瘍ができやすいのだと獣医さんが言っていたのを思い出しました。

ぽんたは、はむ太くんと同じような目薬みたいな飲み薬と注射の処置でしたが、注射をした時に激しく痙攣してとても苦しそうだったので、今思えば、何もしないであげたほうが良かったのかな・・と思います。

あの時は私もパニクっていて、とにかく何か治療をしなくては!!と思ったけれど、そもそも寿命が短いハムちゃんなのだから、余生を穏やかに過ごすほうがいいと思います。あんりこさんのおっしゃるように、あんな小さな体で開腹手術は負担が大きいですよね。

あとは、できるだけはむ太くんと一緒にいられることをお祈りしていますね。頑張れはむ太くん!


[2013/03/18 23:54] URL | めうまろん #- [ 編集 ] | page top
ありがとうございます!
自分の意思を口にできないですから、悩みますよね、その子にとって何が最善なのか…
でも、精一杯考えてあげることと、その家にやってきた日からお別れの日まで精一杯の愛情を注いであげることが、その子にも一番でしょうし、飼い主の気持ちも救うのだと思います^^
pyonkoさんのワンコちゃんも、ご家族に看取ってもらえて安心して旅立ったのでしょうね。

奇跡を祈っていただけるなんて!感激です^^
ありがとうございます!
[2013/03/19 01:23] URL | あんりこ #- [ 編集 ] | page top
ありがとうございます!
そうですね…あずかぁたんさんにはタイムリーな話題でしたね><;
実は、どうしてあげたらいいか考えている時、あずきちゃんのこと、ちょっとよぎりました^^
あずきちゃんの幸せそうな、可愛くてちょっと笑えるブログに勇気づけられる思いですよ!

どうしても、もっとこうしていれば…ああしていれば…と思ってしまうのですが
お薬をあげるためにつかんでも暴れないし、ケロっとした顔で「なんかくれ~」と小屋から出てきて無邪気に訴える姿を見せてくれるので、はむ太に慰められます^-^;

その日がやってくるまで、楽しく美味しく平和に過ごしてもらいます!
[2013/03/19 01:33] URL | あんりこ #- [ 編集 ] | page top
ありがとうございます!

イチゴ、大好きですよ!!
フツーは、先っちょの5mmくらいを切ってあげるのですが、お誕生日の大サービス♪
ホールケーキにフォーク刺したい!みたいな感覚で(笑)

ぽんたくんも腫瘍でしたか。。。。ハムスターに多いって、そうらしいですね><。
お顔っていうのもつらいですね、はむ太は一見なんでもないのが救いかもです。
何らかの治療を求めるのは当然でしょうし、何かをしてあげられたという事自体が、私達の気持ちを少しだけ軽くするようにも思います。
注射も、きっと必要な治療だったのでしょう、思い出させちゃってスミマセンっ!

そうなんですよね、短命な子だから、一日一日がすごく大切なんですよね。
だから、今日の穏やかな眠りも、美味しいごはんも、美味しいお薬も(笑)存分に味わってくれたらいいなと思います♪
[2013/03/19 01:47] URL | あんりこ #- [ 編集 ] | page top
はむ太くん、お誕生日おめでとう!
イチゴ大好きなんですね。真っ赤なイチゴとつぶらな瞳のはむ太くん、とっても可愛いです。

言葉を言えず、言って聞かせることもできないペットにどんな治療を選択するか、飼い主は悩みますよね。
以前飼ってた柴犬の花の最後の日々、少しでも長く生きて欲しくて食道チューブをつけましたが、本人にとっては辛かったろうなと思うことがあります。残り少ないのであれば不自由な思いをさせず好きなものを好きなだけ食べさせてあげれば良かった・・・。
手術をしないと決めたあんりこさんの気持ち、わかります。
はむ太くんとの穏やかで楽しい日々ができるだけ長く続きますように。
[2013/03/19 07:48] URL | フクママ #9GWVC0v. [ 編集 ] | page top
はむ太君のイチゴをかぶりついている姿が微笑ましくて「おめでとう!!」と書き込もうとしたら・・・。
v-406
出会った時から「生きとし生けるものすべてに寿命がある…」そして自分の下で「看取ってあげる日が来る」。
分かっていても辛いですね。

我が家も何度辛い思いをしてきた事か…。
でも、過剰な処置や治療は望みませんでした。
住み慣れた家で、私達の腕の中で・・・。

今は良いお薬も増えています。
はむ太君が穏やかに過ごせますように!
[2013/03/19 09:18] URL | フーカママ #ICKRwlZI [ 編集 ] | page top
ありがとうございます!
イチゴが大好きなのが、全面的に態度に出てますよね(笑)

かなり早い段階で、私は開腹はしたくないと強く思っていたのですが…
本当にそれでいいのか、については繰り返し悩みました。
獣医さんにも「それがいい」と言ってもらえて、ずいぶん気持ちが楽になりました。

花ちゃんのお話は、いつも涙なくしては読めません!
それは、つらい内容もありますが、こんなに温かい家族と過ごせて幸せだったろうな~という感動の涙もアリで^^
ちょっと痩せちゃってるけど、花ちゃんがすごく穏やかな表情で窓の外を眺めている写真、ありましたよね?
あの花ちゃんの姿は色んなものを物語っているようで、目に焼き付いちゃいました^^

ハムスターはワンコほど表情や感情を出しませんが、あの花ちゃんのような顔を見せるくらい、はむ太には好きなように余生を過ごしてもらいたいものです。
[2013/03/19 22:40] URL | あんりこ #- [ 編集 ] | page top
内容がフェイントですみません(笑)

はい、わかっていたつもりでも、つらいですね。
でも、でも!思ったより早かった…まだ1歳なのに><。

>でも、過剰な処置や治療は望みませんでした。

フーカママさんも、そのようにお考えなのですか!
はぁ~すごく勇気が持てました。
うち、というか私をこのように育てた実家の考え方が、ナチュラルに受け入れる傾向にあって…
でも、一般的にはどうなのか、「できることは何でもやる」ではない私の決断は批判を浴びるかも…なんてことも、少し悩みました^^;

処方されたお薬は、生活が向上する子が多いと獣医さんに言われていたのですが、服用二日目、ちょっと元気復活かも?です!
[2013/03/19 22:53] URL | あんりこ #- [ 編集 ] | page top
あんりこさん~(>_<)

はむ太くん、おめでとーー!って思ったら・・
早すぎですよ~~涙
って、ごめんなさい。あんりこさんとYさんも
きっとお辛いのに。。
色んなはむ太くんを思い出しちゃって~~(T_T)

あんりこさんがすぐ気付いたので
きっと少しでも長く一緒に幸せな時間を過ごせますよ。。
もしかしたら奇跡が起こっちゃうかもしれないし!

[2013/03/20 11:57] URL | yuki #iL.3UmOo [ 編集 ] | page top
yukiさん ありがとうございます!
ふふ…思い出してくれちゃったのですか~ウレシイです^^

普通の子より長くは生きられないかもしれませんが、せめて、穏やかな幸せを感じてくれたらいいなと思います。

でもね、美味しく飲んでるお薬の効果か、なんか元気なんです(笑)
普通の子くらい生きちゃう奇跡、あるかもですよ~♪
その手助けを、精一杯してあげます^^
[2013/03/20 17:15] URL | あんりこ #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |